【簡単!】WPC、WPI、WPHとは?プロテインの種類を解説

プロテイン

WPC、WPI、WPHって何?
どのプロテインを飲めばいいの?
おススメを教えて!


この記事ではこのような疑問にお答えします。

✔記事の内容
・WPC、WPI、WPHとは?プロテインの種類を解説
・【WPC、WPI、WPH】どれをとればいいのか解説します
・製法別おすすめプロテイン

この記事を書いている自分は、筋トレ・プロテイン摂取歴10年ほどです。
初めての人にもわかりやすく解説していきます。

それでは見ていきましょう。

WPC、WPI、WPHとは?プロテインの種類を解説

WPC、WPI、WPHはプロテインの種類です。

WPC : Whey Protein Concentrate(濃縮乳清タンパク質)

WPI : Whey Protein Isolate(分離乳清タンパク質)

WPH : Whey Protein Hydrolysate(加水分解乳清タンパク質)

全て牛乳からできているホエイプロテインですが、
違いは製法です。

まずホエイプロテインは、牛乳から脂肪分や固形成分を取り除かれてできます。
※残ったものは乳清と呼ばれます。

そのあとは、次の工程でわかれます。

WPC(コンセントレーション)は乳清をフィルターで濾過して、濃縮したもの

WPI(アイソレーション)はそのWPCをさらに濾過したもの

WPH(加水分解)は酵素でプロテインをペプチドまで分解したもの

※ペプチドとはプロテインが分解されたもので、プロテインに比べて吸収早いです。ちなみにペプチドをさらに分解するとアミノ酸になります。


タンパク質含有率と、吸収しやすさ、コストはこんな感じです。

タンパク質含有率 WPC<WPI、WPH

吸収速度     WPC<WPI<WPH

コスト      WPC<WPI<WPH ※右に行くほど高価

純度を高めている分、WPIとWPHがタンパク質含有率・吸収速度が良いです。
ただ加工にコストがかかる分、WPCが最も安価となります。

次に各々の特徴を見ていきます。

WPC : Whey Protein Concentrate(濃縮乳清タンパク質)

・プロテイン含有率75~85%
・ビタミンやミネラルを含む

・乳糖も含む

・値段は低め

3種類の中では最も他の成分が残っているプロテインです。
ビタミンやミネラル、脂質や炭水化物も残っています。
そのためプロテイン含有量は比較的低めです。

乳糖が残っているので、牛乳を飲んでお腹がゴロゴロする人(乳糖不耐症)は、
WPCを飲むとお腹がゴロゴロする可能性ありです。

ただ加工は比較的簡単のため、お値段は最安です。
人気のプロテインとなります。

WPI : Whey Protein Isolate(分離乳清タンパク質)

・プロテイン含有率90%以上
・低脂質、低糖質
・乳糖がほとんど残っていない
・値段は高め

WPCをさらに濾過して純度を上げており、プロテイン含有量はトップクラス
余分なものも取り除かれており、脂質・糖質は低めです。

乳糖がほとんど除かれているので、乳糖不耐症の方も安心して飲めます。

加工に手間がかかっているので、お値段は高めになります。
個人的には一番おすすめのプロテインです。

WPH : Whey Protein Hydrolysate(加水分解乳清タンパク質)

・プロテイン含有率はまちまち
・吸収が早い
・値段高め

加水分解により吸収スピードが最も速いプロテイン。
プロテイン含有量は製品によりまちまちですが、90%程度のものが多め。

加工の手間がかかっており、お値段高めです。


以上各々の説明となります。

どれを飲むべきか、見えてきたと思いますが、簡単に載せておきます。

どれをとればいいのか解説します

1.コスト重視はWPC

コスト比較を簡単に載せます。※マイプロテインより比較

製法:WPC Impact ホエイ プロテイン 1,000g 5,190円 
   ⇒ 5.19円/g


製法:WPI Impact ホエイ アイソレート 1,000g 7,490円
   ⇒ 7.19円/g 


製法:WPH 加水分解 ホエイプロテイン 1,000g 5,890円 
   ⇒ 5.89円/g

WPCが最も安いです。
WPHが最も高いイメージでしたが、マイプロテインではWPIの方が高いようです。

安さ重視であれば、WPC一択でしょう。

2.タンパク質を多くとりたいならWPI(迷うならWPI)

基本的にWPIが最もタンパク質含有量が多いです。
こちらも比較を見てみましょう

製法:WPC Impact ホエイ プロテイン タンパク質21g/1食25gあたり 
   ⇒ 84%

製法:WPI Impact ホエイ アイソレート タンパク質23g/1食25gあたり
   ⇒ 92% 

製法:WPH 加水分解 ホエイプロテイン タンパク質24g/1食30gあたり 
   ⇒ 80%

WPIが92%でトップです。

小さな差ですが、毎日飲むプロテインで数g違うと、積み重ねが大きな差をもたらします。

万人におすすめはWPIです。
迷ったらこれを選びましょう。

3.吸収スピード重視ならWPH


最初の説明と重複しますが、WPHは加水分解によりプロテインをペプチドまで分解されます

吸収速度はプロテイン<ペプチドですので、他のプロテインよりも早く吸収されます。

運動直後のプロテインは筋トレ効果を高めると言われています
ホエイプロテインは吸収が早いですが、そのホエイの中でもWPHは最も早い

吸収スピードを求めるならWPHです。

製法別おすすめプロテイン

製法別のおすすめプロテインを載せます。
参考にしてみてください。

WPC : Whey Protein Concentrate(濃縮乳清タンパク質)

WPI : Whey Protein Isolate(分離乳清タンパク質)

WPH : Whey Protein Hydrolysate(加水分解乳清タンパク質)

OPTIMUM NUTRITION社 プラチナムハイドロホエイ ベロシティー・バニラ 1.75lbs (794g)

まとめ

簡単にまとめると

・WPC、WPI、WPHはホエイプロテインの製法の違い
・コストはWPC、タンパク質はWPI、吸収スピードはWPH
・おすすめはWPI

です。

種類がわかるようになると、自分がとるべきものがわかってきます。
実際には、メーカーによって味や成分も異なりますので、いろいろ試していくといいと思います。

プロテインは毎日とるものです。
是非お気に入りを探してみてください。

皆さんの筋トレライフを応援しています。
ここまで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました